LINEモバイルの障害者割の詳細!最安値の格安SIMとおすすめの契約方法

LINE MOBILE(LINEモバイル)って最近評判いいですよね。5GB~7GBのプランが一番安く契約できるみたいです。でも、その他の特別割引って無いんですかね?障がい者割引とか障害者向けの割引サービスがあったら良いんですけど、どうなんですかね。

 

気になったので、今回はLINEモバイルに障害者割りがあるのか調べました。


特別割引を使って、最安値で格安SIMを使いたい方必見です。


▼LINEモバイル公式ホームページ▼


目次

▶LINEモバイルに障がい者割引は無い!!

▶それでも一番オトクに契約できるのはLINEモバイルだった

▶LINEモバイルと契約するときの注意事項

▶おすすめの契約方法

▶私がLINEモバイルを選んだ一番の理由

▶キャンペーン情報


▶LINEモバイルに障害者割りは無い!!

まず、LINEモバイルに障害者割りがあるのか、それ似た割引は無いか問い合わせて確認しました。その結果、LINEモバイルに障害者割りや障害者の特別サービスはありません!


残念!!LINEモバイルでは、障害者割や家族割等、誰かだけを対象にした特別な割引をしていないそうです。


もう少し割引くらいしてくれてもいいと思うんですけどね。でもたぶん、auやdocomo、softbankと違って、これ以上安くしちゃうと赤字になっちゃうんでしょうね。


諦めきれなかったので、他の格安スマホには障害者割引があるか調べてみました。するとどこの格安SIMにもありませんでした!やっぱりって感じですね。


障害者割引は、格安SIMにありません。無いってことは、やっぱり自分の好きな格安SIM会社で契約するってのが一番良さそうですね。


LINEモバイルの詳細→【LINEモバイル公式HP】 



▶︎一番オトクに契約できる格安SIMはLINEモバイルだった

障害者割引が無かったLINEモバイルですが、私が計算したところによると、一番料金が安い格安SIMはLINEモバイルみたいなんです。これは意外でしたよ。詳しく説明します。


まず、どこのスマホがやすいのかなぁって思ったんで、最近話題のLINEモバイルとmineo、UQ mobile、楽天モバイルの比較をしました。料金を比較プランは、一番みんなが使ってる5GB+音声通話付きのプランで格安SIMと契約したことを考えてます。


LINEモバイル

1人あたり 毎月2,220円(コミュニケーションフリープラン5GB音声通話付き)。auのスマイルハート割引やdocomoのハーティ割引きでも、毎月5,000円くらいかかると思いますんで、障害者割引を使えなくても、料金が半額くらいになるLINEモバイルってめちゃ安いですね。


しかも、LINEモバイルは初月無料のキャンペーンが有ります。一年で考えると一人あたり初期費用のSIM料金3,000円を入れても27,200円です。その他、カウントフリー機能で、LINEやTwitter、Instagram、Facebookが使い放題でデータ容量も減らないんで、毎月1GB~2GB分使わなくていいんです。なんだか、LINEモバイルってめちゃ良い格安SIMみたいですね。


mineo

1人あたり 毎月2,280円(Dプラン5GB)。LINEモバイルとの差は毎月10円!ちょっとだけこっちのほうが高いですね。一年で考えると一人あたり初期費用のSIM料金3,000円を入れても30,360円です。mineoには初月無料の割引がないんで、LINEモバイルと比べると3,160円割高になります。


UQモバイル

1人あたり 毎月2,980円(たっぷりプラン6GB、無料通話90分)。4人合計で毎月11,920円!UQ mobileは11,000円以上。毎月の料金はちょっと高いですね。でも、料金が高いことには理由があります。それは、UQ mobileが通信速度でNo,1だからです。


UQ mobileは、格安SIMで一番速い格安SIMです。通信速度が速いといい事づくしですよね?その通信速度を早くするためにお金をたくさん投資してるんで、UQモバイルの料金はこんなに高くなっちゃいます。


料金は一年で考えると一人あたり初期費用のSIM料金3,000円を入れても38,760円です。LINEモバイルと比べると11,560円割高になります。


楽天モバイル

1人あたり 毎月2,150円(5GBプラン)。LINEモバイルより毎月70円安い!一年で考えると一人あたり初期費用のSIM料金3,000円を入れても28,800円です。楽天モバイルには初月無料の割引がないんで、LINEモバイルと比べると1,600円割高になります。


計算してわかったんですけど、最近話題のmineoやUQ mobile、楽天モバイルと比べて初月無料キャンペーンでLINEモバイルってどこよりも安くなるんですね。びっくりです!初月無料ってけっこうお得ですね。


これなら、障害者割が無くても、auやdocomo、その他格安SIMより料金が安いLINEモバイルが良さそうですね。


LINEモバイルの詳細・申込み→【LINEモバイル公式HP】 




また、LINEモバイルの面白い特徴に、他の格安SIMにはないカウントフリー機能があります。


このカウントフリー機能とは、LINEやTwitter、Instagram、Facebookを使っているときはデータ容量を使わない機能です。もちろんLINE通話やビデオ通話にもデータ容量が必要有なく、使い放題です。なので、5GBプランで契約しても、よく使う4つのアプリでデータ容量を消費しないんで、今までよりも毎月1GB~2GB分くらいデータ容量を使わなくなります。使ってみて、これがすごく良かったです。


また、カウントフリー機能のもうひとついいところは、もしデータ容量がなくなって通信速度制限(200kbps)がかかってしまっても、4つのアプリは高速のまま使えます。こんな使い勝手位の良い機能は他の格安スマホにはありません。さすがLINEです。


私が契約するときに考えたことは、自由にスマホが使えるかどうかです。もし安さを優先してデータ容量の少ない格安SIMにして、あとから後悔するのは嫌ですよね。それなら、カウントフリー機能が使えてデータ容量がおさえられて、いつでも高速通信ができて、料金も安いLINEモバイルってお得なんじゃないでしょうか?


そう考えて、私はLINEモバイルにしました。契約して半年弱経ちましたが、カウントフリー機能が使いやすくてとっても満足しています。


LINEモバイルの詳細・申込み→【LINEモバイル公式HP】 



▶︎契約する時の注意事項

LINEモバイルと契約する時に注意すべきことが3つあります。


1,同一名義で契約できる契約数が10回線までなことと

一人の人の名前で契約できる回線の数は、10回線までです。10回線以上契約する人は少ないと思いますが、10回線を超えて契約するなら別の家族に契約してもらいましょう。


2,一回線ずつ契約する必要があること

契約は、一回線ずつやるひつようがあります。けっこう面倒ですね。でもしょうがないです。プランが決まってれば、LINEモバイル公式HPから契約自体は10~15分かからずに家から出来ますんで、さくっとやっちゃいましょう。


3,18歳以上なら契約可能。ただし未成年(18歳,19歳)は、申込みのとき親権者の同意が必要

お子さんが自分の名義で契約する時は注意してください。どうやっても18歳未満は契約できません。


また、LINEモバイルには契約のときに審査があります。住所の記入ミスやクレジットカードの名義と契約者の名義が違うと審査落ちになりますんで注意してくださいね。こちらは前に詳細書いたことあるんで、こちらを見てみてください。


LINEモバイルの詳細・申込み→【LINEモバイル公式HP】  


▶︎おすすめの契約方法

契約する時の、おすすめプランについて説明します。契約するなら、「コミュニケーションフリープラン」もしくは「MUSIC+プラン」で大容量を契約するのがおすすめです。


・コミュニケーションフリープランとは、データ通信量3GB~10GBがついたプランで、LINE、Twitter、Instagram、Facebookのカウントフリー機能が使えます。


・MUSIC+プランとは、データ通信量3GB~10GBがついたプランで、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSICのカウントフリー機能が使えます。音楽聴き放題プランです。


契約するときに気をつけたいのが、データ容量です。当然ちゃ当然なんですが、データ容量の単価は容量が大きくなるに連れ安くなります。例えば、コミュニケーションフリープランの3GBは1GBあたり370円に対し、10GBだと264円です。1GBあたりで106円も違います。


LINEモバイルでも、足りなくなったらデータ容量を購入することが出来ますが、0.5GBで500円とめちゃくちゃ高いです。また、契約したあとも、容量の変更などのプラン変更は簡単にできます。なので、はじめは大きめの容量を選んどいて、あとで適切なプランに変更した方がお得ですよ。


また、LINEモバイルで扱っている端末の種類は6種類!それぞれにあった端末を選べます。


中でもHUAWEI P9 liteって機種が、充電が1.3日持って、性能もiPhone6s並でコスパがめちゃくちゃいいスマホとして大人気です。そのほかarrrow M03なんかも充電が3日も持つ超高性能スマホで人気です。どちらの機種もiPhone6s~7くらいの性能があるのに、iPhone7(88,000円)の半額以下の3万円くらいで買えちゃいます。iPhoneを買うのが馬鹿らしくなっちゃうくらいコスパ最強のスマホです。


スマホ端末も一緒に買いたいなぁって悩んでるひとは、絶対に確認しておくべき2機種ですよ。


LINEモバイルの詳細・申込み→【LINEモバイル公式HP】 



▶︎私がスマホをLINEモバイルに決めた一番の理由

私がスマホをどれにするか決める時、最後までLINEモバイルとmineoで悩みました。それでも最後は、LINEモバイルを選びました。


理由は、一番よく使う機能がカウントフリーに入っている4つのアプリだったからです。


先ほども少し話しましたが、LINEモバイルはLINEなどの機能が使い放題でデータ容量が減りません。私はいつも連絡をとりあうときはLINEしか使いませんし、SNSはほとんどInstagramとTwitterです。インターネット検索もたまにしますが、他の3つのアプリよりも圧倒的に使う回数が少ないんです。LINEモバイルのカウントフリー機能を知ったとき、初めてこのことに気づきました。


つまり、私はいつもこの4つのアプリばかり使っているんで、データ容量が大量に入らなくても良いってことです。これは、さらなる割引のチャンス!!そう思ってLINEモバイルと契約しました。


実際、契約してみて思うんですが、ほんとにLINE、Twitter、Instagram、Facebookばかり使ってたんだなと思います、だって、データ消費が毎月6GB以上だったのが3GBくらいになったんですから。ちょっと笑えました。最初は5GBプランで契約してましたが、今は3GBプランに変更して、お金を浮かせて美味しいケーキを食べています。


データ容量の繰越もできますし、もし200kbpsの通信速度制限がかかっても4つのアプリは高速で使えるんで問題なしです。


もしあなたも4つのアプリをたくさん使う生活をしてるんだったら、LINEモバイルがおすすめですよ。


LINEモバイルの詳細・申込み→【LINEモバイル公式HP】



▶︎キャンペーン情報

最後に!いまらなLineモバイルはお得なキャンペーン中です!コミュニケーションプランに申し込むと、3ヶ月間毎月3GBのデータ容量ばもらえます!また人気のP9 liteが、今だけ10,000円引きで販売されています!特別価格なので、とってもお得に買えちゃいますよ。

また、今だけ初月料金無料!!他の格安SIMより安く、最安値でつかえますよ。

格安SIMへの乗り換え(MNP)を考えてる方は、この特別価格は必見ですよ!

キャンペーン申し込みページ 【LINEモバイル公式HP】


▼Line mobileキャンペーンページはこちら▼